Johnny Smithジョニー スミスのアルバム「Moonlight in Vermont」からジェローム・カーン作曲のYesterdaysイエスタデイズをタブ譜付きギタースコアにしました。

YesterdaysはA(16小節)A'(16小節)フォーム32小節の曲ですが、ジョニー・スミスのバージョンではA(16小節)のみを使い、テーマ - サックスソロ - ギターソロになっています。

テーマはクローズヴォイシングを使ったコードメロディ。ストレッチフォームが多用されています。

アドリブはシングルラインとホールトーンスケールの和音を使ったモチーフが特徴的です。

楽譜と合わせながら音源を聴いてみてください。

Spotify

YouTube

イントロ

イントロはピアノのみの2小節。A7-D7(Ab7)-G7-C7(Gb7)を想定したボイシングです。
ジョニー・スミスのYesterdaysイントロ楽譜

スポンサーリンク

テーマ

テーマはジョニー・スミスのコードメロディ。ドロップDチューニングですが、テーマでは6弦は使いません。
ジョニー・スミスのYesterdays前テーマ楽譜ページ1
ジョニー・スミスのYesterdays前テーマ楽譜ページ2
ジョニー・スミスのYesterdays前テーマ楽譜ページ3

スポンサーリンク

サックスソロのコンピング

テーマのクローズボイシングとは違い、一般的なギターのコードフォームや3度と7度を中心にしたボイシングを使っています。
ジョニー・スミスのYesterdaysコンピング楽譜ページ1
ジョニー・スミスのYesterdaysコンピング楽譜ページ2
ジョニー・スミスのYesterdaysコンピング楽譜ページ3

アドリブ〜エンディング

アドリブからそのままエンディングへ。最後の小節「Ddim7-Dm6」で6弦ドロップDが出てきます。
ジョニー・スミスのYesterdaysアドリブ楽譜ページ1
ジョニー・スミスのYesterdaysアドリブ楽譜ページ2

ジョニー・スミスのクローズボイシング

テーマで使用しているクローズボイシングの中から特徴的なものをダイアグラムにしました。

マイナーコード

9th、11th、13th(6th)のテンションが入るm13のフォーム

ジョニー・スミスのm13クローズボイシングギターダイアグラム

11thが最低音にくるm11フォーム。

ジョニー・スミスのm11クローズボイシングギターダイアグラム

ドミナント

b7thのオクターブが含まれる7(#11)。

ジョニー・スミスの7(#11)クローズボイシングギターダイアグラム

#9thがトップにくる7(#9)。

ジョニー・スミスの7(#9)クローズボイシングギターダイアグラム

9thがトップにくる9コード。

ジョニー・スミスの9クローズボイシングギターダイアグラム

メジャー

9thがトップにくるMa9コード。9コードのb7thを7thにしたフォームです。

ジョニー・スミスのMa9クローズボイシングギターダイアグラム

アルバム「Moonlight in Vermont」

1952年〜1953年の間に録音された曲が入っているアルバム。

もともとは12曲入りでしたが、CDリイシュー盤では全19曲入りに。配信では16曲入りが主流になっています。

  1. Where or When (Richard Rodgers, Lorenz Hart)
  2. Tabú (Margarita Lecuona, Bob Russell, Al Stillman)
  3. Moonlight in Vermont (John Blackburn, Karl Suessdorf)
  4. Jaguar (Smith)
  5. Stars Fell on Alabama (Mitchell Parish, Frank Perkins)
  6. Tenderly (Walter Gross, Jack Lawrence)
  7. I Don't Stand a Ghost of a Chance with You (Bing Crosby, Ned Washington, Victor Young)
  8. Vilia (Franz Lehár)
  9. Cavu (Smith)
  10. I'll Be Around (Alec Wilder)
  11. Yesterdays (Otto Harbach, Jerome Kern)
  12. Cherokee (Ray Noble)
  13. Sometimes I'm Happy (Sometimes I'm Blue) (Irving Caesar, Clifford Grey, Vincent Youmans)
  14. Nice Work If You Can Get It (George Gershwin, Ira Gershwin)
  15. Jaguar (alternate take) (Smith)
  16. My Funny Valentine (Rodgers, Hart)
『Moonlight in Vermont』

1956年発売
Johnny Smith – guitar
Stan Getz – saxophone
Bob Carter – bass
Morey Feld – drums
スポンサーリンク
コメントを残す