移調の限られた旋法はフランスの作曲家オリヴィエ・メシアンが体系付けしたとされるスケールで、メシアンモードとも呼ばれています。

通常スケールは12キー(Cメジャースケールなら、C、C#、D、D#、E、F、F#、G、G#、A、A#、Bの12キー)存在しますが、移調の限られた旋法は12キーに満たないスケールを指します。

メシアンはNo.1~7まで体系付けているので、それぞれどんなサウンドなのか見ていきましょう。

移調の限られた旋法No.1

No.1は各音が全音の音程になっているものです。ジャズではホールトーンスケールとして知られています。

 

No.1=ホールトーンスケール

No.1=ホールトーンスケール楽譜
No.1は2キーしか存在しません。
CからはじまるNo.1はそれぞれD、E、F#、G#、A#からはじまるNo.1と同じ音の並びになります。
CホールトーンスケールTAB譜
C#からはじまるNo.1はそれぞれD#、F、G、A、BからはじまるNo.1と同じ音の並びになります。
C#ホールトーンスケールTAB譜
ジャズではドミナントに9th、#11th、#5thのテンションが入っているときに使われます。

C7(#5)上でのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.2

No.2は半音、全音からなるトリコルド(3音の音型)が4つ組み合わさって出来たものです。ジャズではドミナントディミニッシュスケールとして知られています。

 

No.2=ドミナントディミニッシュスケール

No.2=ドミナントディミニッシュスケール楽譜
No.2は3キーしか存在しません。
CからはじまるNo.2はそれぞれEb、F#、AからはじまるNo.2と同じ音の並びになります。
Cドミナントディミニッシュスケールダイアグラム
C#からはじまるNo.2はそれぞれE、G、A#からはじまるNo.2と同じ音の並びになります。
C#ドミナントディミニッシュスケールダイアグラム
DからはじまるNo.2はそれぞれF、G#、BからはじまるNo.2と同じ音の並びになります。
Dドミナントディミニッシュスケールダイアグラム
ジャズではドミナント7th、とくにb9thと13thのテンションが入っているときに使われます。

C7(b9,13)上でのサウンド楽譜

スポンサーリンク

移調の限られた旋法No.3

No.3は全音、半音、半音からなるテトラコルド(4音の音型)が3つ組み合わさって出来たものです。ジャズでの名前はありませんが、アラン・ホ-ルズワースの教則DVDではシンメトリカルスケールとして紹介されています。

 

No.3

No.3楽譜
No.3は4キーしか存在しません。
CからはじまるNo.3はそれぞれE、AbからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
CNo.3ダイアグラム楽譜
C#からはじまるNo.3はそれぞれF、AからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
C#No.3ダイアグラム楽譜
DからはじまるNo.3はそれぞれF#、BbからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
DNo.3ダイアグラム楽譜
EbからはじまるNo.3はそれぞれG、BからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
No.1=ホールトーンスケール楽譜
b3rd、3rdとb7th、7thが共存しているので様々なコード上で使えます。通常b3rdと3rdが共存する場合、b3rdを#9thとして扱いますが、ここではあえてb3rdのまま、マイナーコード上で弾いた場合の音源も置いておきます。メジャーとマイナーを行き来するポリトーナルな雰囲気を演出できます。
No.3 on CMa7

CMa7でのサウンド楽譜
No.3 on C7

C7でのサウンド楽譜
No.3 on Cm7

Cm7でのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.4

No.4は半音、半音、1音半、半音のペンタコルド(5音の音型)が2つ組み合わさって出来たものです。ジャズでの名前はついていません。

 

No.4

No.4楽譜
No.4は6キーしか存在しません。ダイアグラムで確認してみましょう。
CからはじまるNo.4はF#からはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
CNo.4ダイアグラム
C#からはじまるNo.4はGからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
C#No.4ダイアグラム
DからはじまるNo.4はAbからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
DNo.4ダイアグラム
D#からはじまるNo.4はAからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
D#No.4ダイアグラム
EからはじまるNo.4はBbからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
ENo.4ダイアグラム
FからはじまるNo.4はBからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
FNo.4ダイアグラム
b3rd、3rdがないのでメジャー、マイナーどちらでも使うことができます。マイナー系のテンションが入っているので、マイナーコード上の方が使いやすいかもしれません。

Cメジャーでのサウンド楽譜


Cマイナーでのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.5

No.5は半音、2音、半音の音程で並んでいテトラコルドが2つ組み合わさって出来たものです。No.4から2音減らしたものと解釈することもできます。

 

No.5

No.5楽譜
No.5は6キーしか存在しません。ダイアグラムで確認してみましょう。
CからはじまるNo.5はF#からはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
CNo.5ダイアグラム
C#からはじまるNo.5はGからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
C#No.5ダイアグラム
DからはじまるNo.5はAbからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
DNo.5ダイアグラム
D#からはじまるNo.5はAからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
D#No.5ダイアグラム
EからはじまるNo.5はBbからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
ENo.5ダイアグラム
FからはじまるNo.5はBからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
FNo.5ダイアグラム
b3rd、3rdがないので、メジャー、マイナーどちらでも使うことができます。

Cメジャーでのサウンド楽譜


Cマイナーでのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.6

No.6は全音、全音、半音、半音の音程で並んでいるペンタコルドが2つ組み合わせった出来たものです。Barry Harrisはドミナントb5ディミニッシュスケールと呼んでいます。

 

No.6=ドミナントb5ディミニッシュスケール

No.6楽譜
No.6は6キーしか存在しません。ダイアグラムで確認してみましょう。
CからはじまるNo.6はF#からはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
CNo.6ダイアグラム
C#からはじまるNo.6はGからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
C#No.6ダイアグラム
DからはじまるNo.6はG#からはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
DNo.6ダイアグラム
D#からはじまるNo.6はAからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
D#No.6ダイアグラム
EからはじまるNo.6はBbからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
ENo.6ダイアグラム
FからはじまるNo.6はBからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
FNo.6ダイアグラム
b3rdがないので、メジャー系のコードで使えます。
No.6onCMa7(#5)

CMa7(#5)でのサウンド楽譜
No.6onC7(#5)

C7(#5)でのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.7

No.7は半音、半音、半音、全音、半音で並んでいるヘクサコルド(6音の音型)を2つ組み合わせて出来たものです。ジャズでの名前はついていません。

 

No.7

No.7楽譜
No.7は6キーしか存在しません。ダイアグラムで確認してみましょう。
CからはじまるNo.7はF#からはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
CNo.7ダイアグラム
C#からはじまるNo.7はGからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
C#No.7ダイアグラム
DからはじまるNo.7はAbからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
DNo.7ダイアグラム
D#からはじまるNo.7はAからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
D#No.7ダイアグラム
EからはじまるNo.7はBbからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
ENo.7ダイアグラム
FからはじまるNo.7はBからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
FNo.7ダイアグラム
3rdがないので、マイナー系のコード上で使えます。

CmM7コード上でのサウンド楽譜

メシアンモードを取り入れているギタリスト

移調の限られた旋法を使っているギタリストはネルソン・ヴェラスが有名です。YouTubeでのクリニック動画では実例が学べます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事