移調(移高)の限られた旋法はフランスの作曲家オリヴィエ・メシアンが体系付けしたとされるスケールで、メシアンモードとも呼ばれています。

通常スケールは12キー(Cメジャースケールなら、C、C#、D、D#、E、F、F#、G、G#、A、A#、Bの12キー)存在しますが、移調の限られた旋法は12キーに満たないスケールを指します。

メシアンはNo.1~7まで体系付けているので、それぞれどんなサウンドなのか見ていきましょう。

移調の限られた旋法No.1

No.1は各音が全音の音程になっているものです。ジャズではホールトーンスケールとして知られています。

No.1=ホールトーンスケール

No.1=ホールトーンスケール楽譜
No.1は2キーしか存在しません。

CからはじまるNo.1はそれぞれD、E、F#、G#、A#からはじまるNo.1と同じ音の並びになります。CホールトーンスケールTAB譜

C#からはじまるNo.1はそれぞれD#、F、G、A、BからはじまるNo.1と同じ音の並びになります。
C#ホールトーンスケールTAB譜
ジャズではドミナントに9th、#11th、#5thのテンションが入っているときに使われます。

C7(#5)上でのサウンド楽譜

スポンサーリンク

移調の限られた旋法No.2

No.2は半音、全音からなるトリコルド(3音の音型)が4つ組み合わさって出来たものです。ジャズではドミナントディミニッシュスケールとして知られています。

No.2=ドミナントディミニッシュスケール

No.2=ドミナントディミニッシュスケール楽譜
No.2は3キーしか存在しません。

CからはじまるNo.2はそれぞれEb、F#、AからはじまるNo.2と同じ音の並びになります。
Cドミナントディミニッシュスケールダイアグラム

C#からはじまるNo.2はそれぞれE、G、A#からはじまるNo.2と同じ音の並びになります。
C#ドミナントディミニッシュスケールダイアグラム

DからはじまるNo.2はそれぞれF、G#、BからはじまるNo.2と同じ音の並びになります。
Dドミナントディミニッシュスケールダイアグラム
ジャズではドミナント7th、とくにb9thと13thのテンションが入っているときに使われます。

C7(b9,13)上でのサウンド楽譜

スポンサーリンク

移調の限られた旋法No.3

No.3は全音、半音、半音からなるテトラコルド(4音の音型)が3つ組み合わさって出来たものです。ジャズでの名前はありませんが、アラン・ホ-ルズワースの教則DVDではシンメトリカルスケールとして紹介されています。

No.3

No.3楽譜
No.3は4キーしか存在しません。

CからはじまるNo.3はそれぞれE、AbからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
CNo.3ダイアグラム楽譜

C#からはじまるNo.3はそれぞれF、AからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
C#No.3ダイアグラム楽譜

DからはじまるNo.3はそれぞれF#、BbからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
DNo.3ダイアグラム楽譜

EbからはじまるNo.3はそれぞれG、BからはじまるNo.3と同じ音の並びになります。
No.1=ホールトーンスケール楽譜

b3rd、3rdとb7th、7thが共存しているので様々なコード上で使えます。通常b3rdと3rdが共存する場合、b3rdを#9thとして扱いますが、ここではあえてb3rdのまま、マイナーコード上で弾いた場合の音源も置いておきます。メジャーとマイナーを行き来するポリトーナルな雰囲気を演出できます。

No.3 on CMa7

CMa7でのサウンド楽譜

No.3 on C7

C7でのサウンド楽譜

No.3 on Cm7

Cm7でのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.4

No.4は半音、半音、1音半、半音のペンタコルド(5音の音型)が2つ組み合わさって出来たものです。ジャズでの名前はついていません。

No.4

No.4楽譜
No.4は6キーしか存在しません。

CからはじまるNo.4はF#からはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
CNo.4ダイアグラム

C#からはじまるNo.4はGからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
C#No.4ダイアグラム

DからはじまるNo.4はAbからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
DNo.4ダイアグラム

D#からはじまるNo.4はAからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
D#No.4ダイアグラム

EからはじまるNo.4はBbからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
ENo.4ダイアグラム

FからはじまるNo.4はBからはじまるNo.4と同じ音の並びになります。
FNo.4ダイアグラム

b3rd、3rdがないのでメジャー、マイナーどちらでも使うことができます。マイナー系のテンションが入っているので、マイナーコード上の方が使いやすいかもしれません。

Cメジャーでのサウンド楽譜


Cマイナーでのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.5

No.5は半音、2音、半音の音程で並んでいテトラコルドが2つ組み合わさって出来たものです。No.4から2音減らしたものと解釈することもできます。

No.5

No.5楽譜
No.5は6キーしか存在しません。

CからはじまるNo.5はF#からはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
CNo.5ダイアグラム

C#からはじまるNo.5はGからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
C#No.5ダイアグラム

DからはじまるNo.5はAbからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
DNo.5ダイアグラム

D#からはじまるNo.5はAからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
D#No.5ダイアグラム

EからはじまるNo.5はBbからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
ENo.5ダイアグラム

FからはじまるNo.5はBからはじまるNo.5と同じ音の並びになります。
FNo.5ダイアグラム
b3rd、3rdがないので、メジャー、マイナーどちらでも使うことができます。

Cメジャーでのサウンド楽譜


Cマイナーでのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.6

No.6は全音、全音、半音、半音の音程で並んでいるペンタコルドが2つ組み合わせった出来たものです。Barry Harrisはドミナントb5ディミニッシュスケールと呼んでいます。

No.6=ドミナントb5ディミニッシュスケール

No.6楽譜
No.6は6キーしか存在しません。

CからはじまるNo.6はF#からはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
CNo.6ダイアグラム

C#からはじまるNo.6はGからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
C#No.6ダイアグラム

DからはじまるNo.6はG#からはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
DNo.6ダイアグラム

D#からはじまるNo.6はAからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
D#No.6ダイアグラム

EからはじまるNo.6はBbからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
ENo.6ダイアグラム

FからはじまるNo.6はBからはじまるNo.6と同じ音の並びになります。
FNo.6ダイアグラム
b3rdがないので、メジャー系のコードで使えます。

No.6onCMa7(#5)

CMa7(#5)でのサウンド楽譜

No.6onC7(#5)

C7(#5)でのサウンド楽譜

移調の限られた旋法No.7

No.7は半音、半音、半音、全音、半音で並んでいるヘクサコルド(6音の音型)を2つ組み合わせて出来たものです。ジャズでの名前はついていません。

No.7

No.7楽譜
No.7は6キーしか存在しません。

CからはじまるNo.7はF#からはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
CNo.7ダイアグラム

C#からはじまるNo.7はGからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
C#No.7ダイアグラム

DからはじまるNo.7はAbからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
DNo.7ダイアグラム

D#からはじまるNo.7はAからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
D#No.7ダイアグラム

EからはじまるNo.7はBbからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
ENo.7ダイアグラム

FからはじまるNo.7はBからはじまるNo.7と同じ音の並びになります。
FNo.7ダイアグラム

3rdがないので、マイナー系のコード上で使えます。

CmM7コード上でのサウンド楽譜

メシアンモードを取り入れているギタリスト

移調の限られた旋法を使っているギタリストはアラン・ホールズワースとネルソン・ヴェラスが有名です。ネルソン・ヴェラスのクリニック動画では実例が学べるので、ぜひチェックしてみてください。

音楽言語の技法(オリヴィエ・メシアン著)

オリヴィエ・メシアン自らが書いた自身の音楽についての理論書(1944年発売)。翻訳版は長らく絶版でしたが2018年に再販されました。

ここで紹介したメシアンモードも実例(楽譜=五線譜のみ)とともに紹介されています。

内容はかなり専門的なので、取り組むには相当の覚悟が必要ですが、オリヴィエ・メシアンの音楽や考え方について深く知りたい方には必須の良著です。

音楽言語の技法

2018年1月26日発売
132ページ
¥7,560
ヤマハミュージックメディア
スポンサーリンク
コメントを残す

この記事も読まれています