マイナーブルースはペンタトニックスケールだけでもアドリブできるので、初心者にもおすすめのコード進行です。

しかし、アドリブに慣れてくると「何か物足りない」「もっとジャズらしい音使いでアドリブしたい」といった悩みが出てきます。

そんなときにおすすめなのがメロディックマイナースケールです。

メロディックマイナースケールを使うことでよりジャズらしい表現ができるようになります。

ここではCキーのマイナーブルースを例に、メロディックマイナースケール、リディアンb7スケール、オルタードスケールを使ってアドリブしていきます。

この機会にぜひメロディックマイナースケールを取り入れてみてください。

マイナーブルースのコード進行


キーCmのマイナーブルース、基本のコード進行楽譜

使うスケールは以下の4つのです。

Cm7=Cメロディックマイナースケール
Fm7=Fメロディックマイナースケール
Ab7=Abリディアンb7スケール
G7=オルタードスケール

まずは各コードごとにスケールの響きとリックをみていきましょう。

Cメロディックマイナースケールのリックとアドリブ

はじめからネック全体を使うのは大変なので、ここでは3フレット付近で弾ける範囲(3rdポジション)で練習していきます。

Cメロディックマイナースケール

ネック上3フレット付近で弾けるCメロディックマイナースケールダイアグラム

Cメロディックマイナースケールから作ったリックを弾いて響きを覚えていきましょう。

ここでは5つのリックを紹介するので、弾いてみてください。

Cメロディックマイナーリック1

Cメロディックマイナースケールを使ったリック1楽譜
Cメロディックマイナーリック2

Cメロディックマイナースケールを使ったリック2楽譜
Cメロディックマイナーリック3

Cメロディックマイナースケールを使ったリック3楽譜
Cメロディックマイナーリック4

Cメロディックマイナースケールを使ったリック4楽譜
Cメロディックマイナーリック5

Cメロディックマイナースケールを使ったリック5楽譜

気に入ったリックがあったらアドリブで使っていきます。

覚えたリックをそのまま使う以外にも、リズムを変えたり1音加えたり、少しアレンジしていくのもおすすめです。

Cメロディックマイナースケールのリックを取り入れたアドリブ

Cメロディックマイナースケールを使ったアドリブ楽譜

リックを使う上で大切なことは、アドリブの中にリックを自然に溶け込ませることです。

そのためにも常に歌いながら演奏することが大切です。

まずはリックの前後を歌って、自然につながるか練習してみてください。

スポンサーリンク

【応用編】Cオルタードスケールを使ったアドリブ

4小節目のCm7はFm7へ進むV7のC7を想定してCオルタードスケールを使うことができます。
ネック上3フレット付近で弾けるCオルタードスケールダイアグラム

Cオルタードスケール

ネック上3フレット付近で弾けるCオルタードスケールダイアグラム

Cメロディックマイナースケールと同様に、まずはCオルタードスケールを使ったリックを覚え、前後をアドリブしながら使ってみましょう。

Cオルタードリック1

Cオルタードスケールを使ったリック1楽譜

Cオルタードリック1を使ったアドリブ例

Cオルタードリック1を使ったアドリブ例楽譜

Cm7の1〜3小節目をアドリブしてリックにつなげる練習は、リックを自在に使えるようにするために効果的な練習法です。

慣れるまではリックが目立ってしまいますが、何度もやっているうちに自然と使えるようになってきます。

 

Cオルタードリック2

Cオルタードスケールを使ったリック2楽譜

Cオルタードリック2を使ったアドリブ例

Cオルタードリック2を使ったアドリブ例楽譜

Cm7でのアドリブを追加することに慣れてきたら、Fm7でもアドリブしてみましょう。

ここではコードトーンを使っています。

 

Cオルタードリック3

Cオルタードスケールを使ったリック3楽譜

Cオルタードリック3を使ったアドリブ例

Cオルタードリック3を使ったアドリブ例楽譜

リズムのモチーフを取り入れたアドリブです。

Fm7では9th(1弦3フレット)の音を加えています。

 

Cオルタードリック4

Cオルタードスケールを使ったリック4楽譜

Cオルタードリック4を使ったアドリブ例

Cオルタードリック4を使ったアドリブ例楽譜

Cm7の2、3小節目は8分を使ったリズムモチーフです。

Fm7では11th(1弦6フレット)を追加しています。

 

Cオルタードリック5

Cオルタードスケールを使ったリック5楽譜

Cオルタードリック5を使ったアドリブ例

Cオルタードリック5を使ったアドリブ例楽譜

同じ音型をモチーフにして発展させたアドリブです。

 

リックのリズムは変えずにアドリブしてきましたが、慣れてきたら自由に変えてアドリブしてみてください。

Fメロディックマイナースケールを使ったアドリブ

Fメロディックマイナースケール

ネック上3フレット付近で弾けるFメロディックマイナースケールダイアグラム

Fメロディックマイナースケールの配置を覚えたらリックを弾いていきましょう。

 

Fメロディックマイナーリック1

Fメロディックマイナースケールを使ったリック1楽譜
Fメロディックマイナーリック2

Fメロディックマイナースケールを使ったリック2楽譜
Fメロディックマイナーリック3

Fメロディックマイナースケールを使ったリック3楽譜
Fメロディックマイナーリック4

Fメロディックマイナースケールを使ったリック4楽譜
Fメロディックマイナーリック5

Fメロディックマイナースケールを使ったリック5楽譜

 

好きなリックを1つ選んでアドリブで使ってみてください。

ここでは5つのリック全てを使ったアドリブ例を紹介します。

Fメロディックマイナースケールのリックを取り入れたアドリブ

Fメロディックマイナースケールを使ったアドリブ楽譜

Abリディアンb7スケールを使ったリック

Abリディアンb7スケール

ネック上3フレット付近で弾けるAbリディアンb7スケールダイアグラム

ネック上の配置を覚えたらリックを弾いていきましょう。

G7の何度に解決しているかも意識してみてください。

Abリディアンb7リック1

Abリディアンb7スケールを使ったリック1楽譜
Abリディアンb7リック2

Abリディアンb7スケールを使ったリック2楽譜
Abリディアンb7リック3

Abリディアンb7スケールを使ったリック3楽譜
Abリディアンb7リック4

Abリディアンb7スケールを使ったリック4楽譜
Abリディアンb7リック5

Abリディアンb7スケールを使ったリック5楽譜

Abリディアンb7のリックは次に続くG7のリックと組み合わせて覚えておくのが効率的です。

G7のリックを覚えてまとめてアドリブしてみましょう。

Gオルタードスケールを使ったリックとアドリブ例

Gオルタードスケール

ネック上3フレット付近で弾けるGオルタードスケールダイアグラム

ネック上の配置を覚えたらリックを弾いていきます。

Cm7の何度に解決しているかを意識しましょう。

Gオルタードリック1

Gオルタードスケールを使ったリック1楽譜
Gオルタードリック2

Gオルタードスケールを使ったリック2楽譜
Gオルタードリック3

Gオルタードスケールを使ったリック3楽譜
Gオルタードリック4

Gオルタードスケールを使ったリック4楽譜
Gオルタードリック5

Gオルタードスケールを使ったリック5楽譜

 

先に覚えたAb7のリックと合わせてアドリブしてみましょう。

Ab7-G7-Cm7でのアドリブ

Ab7-G7-Cm7でのアドリブ例楽譜

リズムを変えたり音数を減らしたり、リック自体のアレンジを多く取り入れています。

自由なアドリブにするためにもリック自体のアレンジにも挑戦してみてください。

マイナーブルースでのアドリブ例

まとめとしてメロディックマイナースケールとそのモードを使った2コーラスのアドリブを紹介します。

各コードのリックがどのように使われているかも確認しながら聴いてみてください。

メロディックマイナースケールを使ったCマイナーブルースでのアドリブ例楽譜ページ1
メロディックマイナースケールを使ったCマイナーブルースでのアドリブ例楽譜ページ2

メロディックマイナースケールの響きに慣れてきたら、他のアーティストがどのように使っているかコピーしてみてください。

コピーしたリックをアドリブで使う練習を繰り返すことで、表現の幅がとんどん広がっていきます。

マイナーブルースでのアドリブを楽しみながら、メロディックマイナースケールとそのモードを極めてみてください。

 

マイナーブルースの楽曲とコード進行まとめ

マイナーペンタトニックスケールとコードトーンを使ったアドリブ法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事