アウトはコードに対して本来は使うことのないスケール(音)を使う手法のことです。

CMa7の場合、使えるスケールはCメジャースケールとCリディアンスケール。

Cメジャースケール
Cメジャースケール楽譜

Cリディアンスケール
Cリディアンスケール楽譜

この2つを合わせたC-D-E-F-F#-G-A-B以外の音を含むスケールを使うとアウトさせることができます。

アウトするスケールを選ぶアイデアは3つ。

  1. 半音上のスケールを使う
  2. 半音下のスケールを使う
  3. 別のコードを想定する

それぞれの使い方を紹介していきます。

半音上のスケールを使った響き

半音上のスケールはもっともよく使われるアウトです。

DbメジャースケールをCMa7で弾いたときの度数
DbメジャースケールをCMa7で弾いたときの度数楽譜

F音とC音以外がアウト音。

DbリディアンスケールをCMa7で弾いたときの度数
DbリディアンススケールをCMa7で弾いたときの度数楽譜

F音、G音、C音以外がアウト音。

元のスケールに対して含まれていない音が多ければ多いほどアウト感が増します。

半音上のスケールを使ったアドリブ例


半音上のスケールを使ったCMa7コード上でのアドリブ例楽譜ページ1
半音上のスケールを使ったCMa7コード上でのアドリブ例楽譜ページ2
色をつけた箇所がアウトです。アウトのフレーズを考えるというよりは、CMa7で弾いているフレーズを1フレットブリッジ側にずらすという感覚で演奏しています、

半音下のスケールを使った響き

半音上に次いで簡単なのが半音したのスケールを使ったアウトです。

BメジャースケールをCMa7で弾いたときの度数
BメジャースケールをCMa7で弾いたときの度数楽譜

B音、E音、F#音以外がアウト音。

BリディアンススケールをCMa7で弾いたときの度数
BリディアンススケールをCMa7で弾いたときの度数楽譜

B音、F(E#)音、F#音以外がアウト音。

半音下のスケールを使ったアドリブ例


半音下のスケールを使ったCMa7コード上でのアドリブ例楽譜

Bメジャーやリディアンのフレーズを弾くのではなく、CMa7でのフレーズを1フレットナット側にずらす感覚で演奏しています。

別のコードを想定した響き

CMa7に対してG7やEbMa7など別のコードを想定してアウトすることができます。この手法はスーパーインポーズと呼ばれています。

よく使われるのはG7やDm7-G7などのII-V-Iを想定する方法ですが、ここでは少し高度にCMa7-EbMa7-DbMa7-AbMa7のターンアラウンドを想定した例を紹介します。

メジャーコードを使ったターンアラウンド
CMa7-EbMa7-AbMa7-DbMa7コード進行楽譜

別のコードを想定したアドリブ例


ターンアラウンドを使ったCMa7コード上でのアドリブ例楽譜

好きなコード進行をスーパーインポーズしてアウトさせてみてください。使いすぎには十分ご注意を。

アウトするための基礎練習

アウトの基礎練習はアウトの響きを覚えることです。

CMa7コードに対してDbメジャースケール、Bメジャースケールがそれぞれどんな響きになるのかを覚えることからはじめます。

CMa7でDbメジャースケールを弾く練習

CMa7でDbメジャースケールを弾く練習楽譜

CMa7でBメジャースケールを弾く練習

CMa7でBメジャースケールを弾く練習楽譜

アウトの響きを覚えたら、よく使うフレーズやリックを1フレットずらして実践的なアウトを取り入れていきます。

アウトはもとのスケールに戻ってこそ効果を発揮するので、CMa7で練習するときはCメジャースケール(またはリディアン)の音に戻ることを忘れずに。

アウト演奏動画

コメントを残す