My Old Flame年代順コード進行まとめ

My Old Flameは、1934年にメイ・ウエストが歌って一世を風靡した名曲です。作曲はArthur Johnstonアーサー ジョンストンで、映画Belle of the Nineties罪ぢゃないわよの挿入歌として書かれました。

この曲はその後ジャズスタンダードとなり、チャーリー・パーカーやタル・ファーロウなど、多くの名演奏家によって様々な解釈がなされました。ここでは、原曲から1959年までのコード進行の変遷をたどってみましょう。

Mae West 1934年

KeyはEbメジャーでジャズスタンダードの定番A-A-B-Aフォームです。バックはデューク・エリントン楽団。

コード進行は、ドミナントの連続やm7(b5)の効果的な使い方が特徴的です。

映画で使われた音源(1コーラス)とスタジオ録音音源、どちらもコード進行は同じなのでスタジオ版を楽譜にしました。

Mae Westが歌うMy Old Flameコード進行

Ivie Anderson 1934年

メイ・ウエストと同じくバックはデューク・エリントン楽団。イントロが変わっていますが、Keyもコード進行も同じです。

Ivie Andersonが歌うMy Old Flameコード進行

Guy Lombardo 1934年

男性ボーカリストで最初に録音したのがこのバージョン。Guyの弟Carmen Lombardoが歌っています。

キーはGメジャーでイントロが変わっています。

コード進行で原曲と違うのは[A]6小節目のGm7(b5)-C7。原曲ではGキーに移調するとEb7になっている箇所です。

ここのリハモはII-V化が肝です。Eb7をII-V化してBbm-Eb7。BbmのベースをGにしてBbm/G=Gm7(b5)。Gm7(b5)をIIとしてVのC7を追加してGm7(b5)-C7。

長くなってしまいましたが、簡単に言うと、平行調のII-Vは互いにリハモできるです。

Bbm7-Eb7はAbメジャーキーのII-V。Abメジャーの平行調はFマイナー。FマイナーのII-VはGm7(b5)-C7。なのでBbm7-Eb7とGm7(b5)-C7は互いにリハモすることができます。

Guy Lombardoが歌うMy Old Flameコード進行

Peggy Lee 1941年

イントロと間奏が追加され、後テーマはKey=Bbメジャーに転調しています。

コード進行で違うのは、細かいところだと[A]2小節目のBbm6。これはGm7(b5)のベース音がBbになっただけ。4小節目のDb9はFm7(b5)のベース音がDbになっただけです。

大きく違うのは[A]7小節目のCm7。原曲はBb7ですが、8小節目のコードBb7に進みやすくするためII-V化してCm7になっています。7小節目最初のB7はF7の裏コードです。

メロディーの邪魔をしなければ自由にリハモできる好例です。

Peggy Leeが歌うMy Old Flameコード進行ページ1
Peggy Leeが歌うMy Old Flameコード進行ページ2

Count Basie 1941年

1941年に録音されたカウント・ベイシーの名作。ボーカルは当時まだ無名だったLynne Shermanです。

イントロが変わっていますが、テーマのコード進行は原曲とほとんど同じです。

Count BasieのMy Old Flameコード進行ページ1
Count BasieのMy Old Flameコード進行ページ2

Billie Holiday 1944年

今でも多くのジャズ・ファンに感動を与えているビリー・ホリデーの代表作。

Key=DbメジャーでイントロはI-bIIIdim-II-V。テーマのコード進行は原曲と同じです。

Billie HolidayのMy Old Flameコード進行

Charlie Parker 1947年

1947年に録音されたビバップの名演

Key=FメジャーでイントロはI-VI-II-V。裏コードやII-Vのリハモが使われていますが、ほぼ原曲のコード進行と同じです。

後半のトランペットはマイルス・デイビス。

チャーリー・パーカーのMy Old Flameコード進行

Tal Farlow 1954年6月

ギタリストで最初に録音したのがタル・ファーロウ。テーマ[A]はソロ・ギターで弾き、テンションコードやII-Vのアプローチを多用して、原曲の雰囲気を大胆に変化させています。

[B]からはベース、ギターが加わりインテンポに。このアレンジは後に続くギタリストに影響を与えています。

タル・ファーロウのMy Old Flameコード進行ページ1
タル・ファーロウのMy Old Flameコード進行ページ2

Barney Kessel 1955年

ソロギターで始まる[A]そしてBからベースが入るアレンジはまさにタル・ファーロウの影響ですが、コード進行をシンプルにしてバーニー・ケッセルの個性を発揮しています。

コード進行で特徴的なのが[A]4小節目。Cm7-F7は原曲Fm7(b5)-Bb7の平行調を使ったリハモです。[B]2小節目も同様のリハモになっています。

バーニー・ケッセルのMy Old Flameコード進行ページ1
バーニー・ケッセルのMy Old Flameコード進行ページ2

Herb Ellis 1959年

タル・ファーロウのアレンジと同じく、ソロギターで始まる[A]、そして[B]からバンドが入りインテンポになります。

コード進行で大きく違うのが[A]2小節目。原曲はBm7(b5)-E7ですが、E7のみになっています。

もう1つは[B]の2、3小節目。原曲はAm7(b5)-D7-Gb7。II-Vを使わずAb7-G7で緊張感を出してC7に落ち着く大胆なリハモ。

これもメロディーの邪魔をしなければ自由にリハモできる好例です。

ハーブ・エリスのMy Old Flameコード進行ページ1
ハーブ・エリスのMy Old Flameコード進行ページ2

この記事へのコメント