NardisはII-V進行が少なく、フリジアンの響きが特徴の楽曲です。

ここではリアルブックでよく使われるコード進行をもとに分析していきます。

YouTube検索リンク
https://www.youtube.com/results?search_query=nardis

Nardisコード進行


Nardisコード進行楽譜
コード進行分析の目的は各コードの機能を理解し、使えるスケールを見つけ出すことです。

分析していく順番はいくつかありますが、このサイトでは以下4つの順番で紹介していきます。

  1. 曲のキーを調べる
  2. 各コードの機能を調べる
  3. 使えるスケールを見つけ出す
  4. アドリブで実際に使ってみる

Nardisのキー

キーは調号と終わりのコードを見ることで判断することができます。

Nardisのキー楽譜
Nardisの調号はシャープが1つ付いているので、キーはGメジャーかEマイナーになります。

曲の最後を見るとEm7で終わっているので、Eマイナーキーが最適です。
Nardis最後の4小節楽譜

マイナーキーの場合、ナチュラルマイナーとハーモニックマイナー両方からできるコードをローマ数字(度数)で覚えておくと、コード進行分析に役立ちます。

Eマイナースケールから作られるコード
Eマイナースケールから作られるコード楽譜

 

Eハーモニックマイナースケールから作られるコード
Eハーモニックマイナースケールから作られるコード楽譜

スポンサーリンク

II-V-Iを調べる

分析前にII-V-Iの場所を調べておくと便利なのですが、この曲はII-Vが1箇所しか出てきません。
Nardisコード進行251箇所楽譜

II-V-I以外の箇所はそのままローマ数字に置き換えてみましょう。

コード進行分析

Nardisコード進行分析楽譜

ほとんどはEマイナーキーのスケールで作られていますが、bIIMaj7=FMa7が出てきます。

Em7-FMa7はEフリジアンの響きを演出するコード進行です。

そのためキーCメジャーのIIIm7-IVaj7と解釈することもできます。

各コード使えるスケール

Nardis各コードで使えるスケール楽譜

Em7-Eエオリアンを選びましたが、キーCメジャーのIIIm7と解釈してEフリジアンを使うこともできます。

Nardisのコード進行を使ったアドリブ例

コード進行分析から選んだスケールを中心に演奏したアドリブ例を音源にしたので参考にしてみてください。

アドリブで大切なのは歌うことです。常に頭の中で鳴っている音を弾くのを心がけて練習してみてくださ。


Nardisのコード進行を使ったアドリブ例ページ1楽譜
Nardisのコード進行を使ったアドリブ例ページ2楽譜
Nardisのコード進行を使ったアドリブ例ページ3楽譜
Nardisのコード進行を使ったアドリブ例ページ4楽譜

ギタリストのおすすめCD

マイク・スターンYouTube検索リンク
https://www.youtube.com/results?search_query=mike+stern+nardis

ミック・グッドリック、ウォルフガング・ムースピール
https://www.youtube.com/results?search_query=mick+goodrick+nardis
CDは現在入手困難です。

以下はAmazonプライム会員なら無料で聴ける音源です。ギタリストそれぞれのアプローチの違いを聴き比べてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事