All The Things You Areは1939年にジェローム・カーンがミュージカル「Very Warm for May」のために書いた曲です。

転調が多く36小節と長いですが、ギタリストがアルバムで良く取り上げる曲なので研究材料としてもおすすめです。

ジョー・パスのソロギターでの名演はギタースコアにしているので合わせて参考にしてください。
ジョー・パス『All The Things You Are』タブ譜付きギタースコア

ここではリアルブックに載っているコード進行をもとに分析とアドリブ例を紹介します。

All The Things You Areコード進行


All The Things You Areコード進行楽譜
コード進行分析の目的は各コードの機能を理解し、使えるスケールを見つけ出すことです。

分析していく順番はいくつかありますが、このサイトでは以下4つの順番で紹介していきます。

  1. 曲のキーを調べる
  2. 各コードの機能を調べる
  3. 使えるスケールを見つけ出す
  4. アドリブで実際に使ってみる

All The Things You Areのキー

キーは調号と終わりのコードを見ることで判断することができます。

All The Things You Are調号
All The Things You Areの調号はフラットが4つ付いているので、キーはAbメジャーかFマイナーになります。

All The Things You Are最後のコード楽譜

最後のコードがAbMa7になって明るく終わっているので、キー=Abメジャーが最適です。

Abメジャーキーから作られるコードをローマ数字(度数)で覚えておくと、コード進行を分析するときに役立ちます。
Abメジャーキーから出来るコードとローマ数字楽譜

 

スポンサーリンク

転調箇所を探る

キー以外のコードが多く使われている曲は、II-VやV-Iを探し転調箇所を見つけておきます。

II-Vには下受け皿。V-Iには矢印を使います。
All The Things You Areコード進行II-V-I分析楽譜

Aセクションのコード進行分析と使えるスケール

前半8小節のコード進行を度数表記にします。
All The Things You Are [A]セクション8小節のローマ数字表記楽譜

6、7小節目はAbメジャーに対して何度の音に転調しているかが分かるように、II-Vの後ろにIII(C)の表記を追加しています。

後半8小節は前半8小節全体を5度上に移調しています。

度数が分かればアドリブの材料となる使えるスケールが分かります。

All The Things You Are [A]セクション8小節で使えるスケール楽譜
スケールの選択肢は1つではないですが、まずは基本となるスケールの響きを覚えておくことが大切です。

度数別の使えるスケールは「コード進行から使えるスケールを見つけ出す2つの方法」のページで紹介しています。

 

後半8小節はルートが違うだけで使えるスケールは同じです。
All The Things You Are [A]セクション後半8小節で使えるスケール楽譜

 

Bセクションのコード進行分析と使えるスケール

All The Things You Are [B]セクションのローマ数字表記楽譜

前半4小節はGメジャーキー。

後半4小節はEメジャーキー。最後の1小節はFm7(VIm7)へ向かうドミナントです。
All The Things You Are [B]セクション使えるスケール楽譜

 

Cセクションのコード進行分析と使えるスケール

All The Things You Are [C]セクションのローマ数字表記楽譜

5小節目までは[A]セクションと同じです。

6小節目のIVm7はAbマイナーキーのコード。同じトニックを持つマイナーキーから借りてきたコードはサブドミナントマイナーと呼ばれます。

使えるスケールはAbマイナースケール=Dbドリアンスケールです。

8小節目のbIIIdim7はIIIm7とIIm7を繋げる役割をするパッシングディミニッシュです。

All The Things You Are [C]セクション使えるスケール楽譜

Cセクション29~32小節目のアドリブ練習例

All The Things You Areの難所は29~32小節目のコード進行。

難しいコード進行が出てきたときはコードトーンとスケールをそれぞれ以下の3つの流れで練習するのがおすすめです。

  1. コードトーンをルートから弾いてコード進行の響きを覚える
  2. コードトーンを滑らかにつなげて自然な流れを作る
  3. コードトーンを使った同じモチーフを使ってアドリブする
  1. スケールをルートから弾いてコードに対するスケールの響きを覚える
  2. スケールを滑らかにつなげて自然な流れを作る
  3. スケールを使った同じモチーフを使ってアドリブする

はじめは1つのポジションにしぼって練習していくと、ネック上の音の配置も覚えられるので効率的です。ここでは3rdポジション(3フレットに人差し指を置いた時に弾ける範囲)で紹介していきます。

各コードのルートからコードトーンを弾くー上昇


All The Things You Are [C]セクションで各コードのルートからコードトーン弾く上昇練習楽譜

各コードのルートからコードトーンを弾くー下降


All The Things You Are [C]セクションで各コードのルートからコードトーン弾く下降練習楽譜

コードトーンを滑らかにつなげる練習

一番近い次のコードのコードトーンへつなげていきます。


All The Things You Are [C]セクションで各コードの一番近いコードトーンへつなげる練習楽譜

モチーフを使った練習

使用するモチーフ

All The Things You Are [C]セクションでつかうモチーフ例1楽譜All The Things You Are [C]セクションでつかうモチーフ例2楽譜


All The Things You Are [C]セクションでコードトーンモチーフを使ったアドリブ例楽譜

 

各コードで使えるスケールをルートから弾く


All The Things You Are [C]セクションで各コードのルートからスケールを弾く練習楽譜

スケールを滑らかにつなげる


All The Things You Are [C]セクションで各コードのルートからスケールを滑らかにつなげる練習楽譜

モチーフを使う

All The Things You Are [C]セクションでスケールを使ったモチーフ例1楽譜All The Things You Are [C]セクションでスケールを使ったモチーフ例2楽譜


All The Things You Are [C]セクションでスケールモチーフを使ったアドリブ例楽譜

Bdim7でFコンディミを使う

Bdim7はBbm7に向かう役割です。Bbm7に向かう役割のコードはもう1つあります。それがF7です。

Bbm7のコードトーンをFをルートにして見るとF7(#9、#11、13)コードになります。
Bbm7のコードトーンをFをルートにして見たときの度数
これらのテンションが入るスケールはFコンディミです。つまりBdim7をF7と捉えてFのコンディミニで演奏することができます。

Fコンディミを使ったアドリブ例


All The Things You Are [C]セクションで各コードのルートからスケールを滑らかにつなげる練習楽譜

Bdim7をF7と捉えることで、その前にあるCm7をIIIm7ではなくIIm7と捉え、II-V-Iリックを使ってアドリブすることも可能です。

コード進行に対する考え方やスケールの選び方は一通りではないので、理論にとらわれず自由な発想で考えることも大切です。

 元のコード進行に対して別のコードを想定してアドリブする手法をスーパーインポーズと呼びます。

All The Things You Are アドリブ例

Abメジャースケールを中心にII-V-Iリックとコードトーンを使ったアドリブ例を音源にしたので参考にしてみてください。

アドリブで大切なことは歌わせることです。常に頭の中で鳴っている音を弾くのを心がけて練習してみてください。

All The Things You Are アドリブ例楽譜ページ1
All The Things You Are アドリブ例楽譜ページ2
All The Things You Are アドリブ例楽譜ページ3
All The Things You Are アドリブ例楽譜ページ4

ギタリストのおすすめCD

Amazonプライム会員なら無料で聴けるAll The Things You Areを収録しているギタリストのアルバムリンクです

それぞれのギタリストのアプローチの違いを聴き比べてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事