2012年にイタリアの音楽学校LABORATORI MUSICALIで行われたジョナサン・クライスバーグのクリニック動画から

ギターデュオのRelaxin at Camarilloのコピー譜を紹介します。

Relaxin at Camarilloはチャーリー・パーカー作曲キーCのブルースです。

Relaxin at Camarilloのメロディ

1拍目のウラを8分ではなく4分にしている以外は原曲どおりのメロディです。

[A]5小節目の4分の6拍子は厳密なアレンジではなく、たまたま会話が入った箇所です。

relaxin at camarilloのメロディ楽譜ページ1
relaxin at camarilloのメロディ楽譜ページ2

Relaxin at Camarilloでのコンピング

ジョナサン・クライスバーグのコンピングは、ウォーキングベース+コードの王道パターンですが、

ソロに呼応するコンピングを要所で入れているのが特徴的です。
relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ1

[C]セクションでの特徴

前半4小節はb7thを使わず、C6(9)-Eb/F-Cadd9の響きにしているのが特徴です。

5小節目からは単音を使ったシンプルなベースラインです。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ2

[D]セクションでの特徴

前半はCペダルを使ったコンピング。Cではb7thを使わずBb/Cの響きにしています。

A7ではEm7-A7のII-Vを想定したベースライン。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ3

[E]セクションでの特徴

8分+付点4分のリズムを強調したコンピング

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ4

[F]セクションでの特徴

前半は3拍で1フレーズのパターンを使ったポリリズムのコンピング。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ5

[G]セクションでの特徴

ギタリスト王道のウォーキングベース+コードを使ったコンピング。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ6

[H]セクションでの特徴

引き続きウォーキングベース+コードのコンピングですが、

ここでは3度ベースや5度ベースなどの転回型を活用しています。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ7

[I]セクションでの特徴

前半の2拍3連を使ったリズミックなコンピング。

リズムアプローチはギターデュオのコンピングに欠かせないアプローチ法です。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ8
relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ9

[J]~[K]セクションでの特徴

ウォーキングベース+コードのコンピングに、ペダルベースや下降ベースラインを加えたパターン。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ10

[L]セクションでの特徴

ジョナサンはソロに呼応したコンピングをしていますが、

ソロ奏者と小節がずれていたので、探りながらの演奏をしています。

ここではジョナサンの想定しているコードネームを書いています。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ11

[M]セクションでの特徴

曲の頭を合わせるため、C音のみを使って相手の奏者のタイミングに合わせています。

そのため最後4分の2で表記しています。

スポンサーリンク

Relaxin at Camarilloでのアドリブ

同型のパターンやコルトレーンチェンジへのリハモに加え、後半からは3連符を中心に組み立てたフレーズが圧巻です。
relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ1

[N]セクションでの特徴

メロディアスなフレーズを使った王道の入り方です。

最後の3連フレーズはジョナサン得意のパターンです。後のアドリブでも多用されます。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ2

[O]セクションでの特徴

A7から得意の3連パターン。

G7-C7のフレーズはよく使われる王道フレーズです。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ3

[P]セクションでの特徴

徐々にクロマチックを増やし、アウト感を演出しています。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ4

[Q]セクションでの特徴

3小節目からのオーギュメントトライアド=ホールトーンスケールを使った3連パターン、

最後のターンアラウンドC7-A7-D-7-G7をC-Eb-D-Dbにリハモしたフレーズが特徴です。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ5

[R]セクションでの特徴
[Q]からの3連パターンを引き続き演奏し、その後8分を中心にメロディアスなアドリブに移行しています。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ6

[S]セクションでの特徴

メロディアスな演奏から、後半3連パターンを使って再度盛り上げています。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ7

[T]セクションでの特徴

前半の同型パターンを使った3連フレーズが圧巻です。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ8

[U]セクションでの特徴

前半の4音パターンを3連符に当てはめるのはジョナサンの手癖フレーズです。

後半はアドリブの終わりに向けて音数少なくしています。

お互いにソロを取りあうセクション

2コーラス交代のソロからはじまり、1コーラス、4小節へと続きます。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ9
relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ10

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ11
relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ12

1コーラスの掛け合いセクション

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ13

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ14

 

4小節の掛け合い(4バース)セクション

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ15
relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ16

[CC]セクションでの特徴

4バースからの後半は同時にアドリブを取り始めています。

relaxin at camarilloのコンピング楽譜ページ17

[DD]セクションでの特徴

同時にアドリブを取るセクションになり、後半は後テーマへ向けての準備になっています。

Relaxin at Camarillo後テーマ・メロディとエンディング

relaxin at camarilloの後テーマ・メロディ楽譜ページ1
relaxin at camarilloの後テーマ・メロディ楽譜ページ2

出だしのC音と4分のG音以外は原曲と同じメロディを弾いています。

relaxin at camarilloのエンディング楽譜

エンディングの特徴

エンディングのフレーズは原曲のピアノのフレーズそのままを使っています。

 

ジョナサン・クライスバーグは自身のアルバム「Nine Stories Wide」の9曲目でもRelaxing At Camarilloを取り上げています。

Amazonプライム会員なら無料で聴けるので、YouTubeの演奏と聴き比べるのもおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事