Romain Pilon流サイドスリッピングを使ったアウトリック

Romain Pilonロメイン ピロンのYouTubeチャンネルで公開されたジャズギターミニレッスン第4回。今回のテーマはサイドスリッピング(半音ずらしてアウトする手法のこと)を使ったアイデアです。

ベースライン風単音バッキング

Gm7のバッキングアイデア1
Gm7のバッキングアイデア2

マイナーペンタを使ったアウトリック

ピッキングはエコノミーが基本。Romainのタイム感を出すには完コピ推奨です。

使用スケールとポジション

GマイナーペンタとAbマイナーペンタ。それぞれGm7に対する度数と、どのポジションを使っているか確認しておきましょう。

Gm7で弾くGマイナーペンタの度数

Gm7で弾くGマイナーペンタ楽譜

Romainが使用したポジション

Romainが使用したGマイナーペンタのポジション

Gm7で弾くAbマイナーペンタの度数

Gm7で弾くAbマイナーペンタの度数

Romainが使用したポジション

Romainが使用したAbマイナーペンタのポジション

Abマイナーペンタを単音で見てみると、アウトとして特徴的なのはb9と3の2音。b5はブルーノート、b13はGナチュラルマイナースケール、7はGメロディックマイナースケールに含まれている音でアウト感は弱目です。

F#マイナーペンタを使ったアウトリック例

RomainはAbマイナーペンタを選んでいますが、半音下のF#マイナーペンタを使うこともできます。

サイドスリッピングするときは、フレーズを塊ごとにずらす意識が大切です。ギターでは1フレットずらすだけで簡単にアウトできるので、自分なりのサイドスリッピングを研究してフレージングの幅を広げてみてください。

この記事へのコメント