リックはジャズのアドリブに欠かせないものです。しかしリックをたくさん覚えようとしてもすぐに忘れてしまったり、アドリブで使おうとしてもリックをつなげるだけの演奏になってしま問題があります。

それを解決するために必要なのがリックを分析することです。

リックを分析することで仕組みが分かり、覚える効率があがります。そして仕組みが分かればアドリブでリックを作り出すことができるようになるのです。

ここで紹介する分析法を覚えて、今まで使ってきたリックを分析してみてください。リックとの上手な付き合い方ができるようになるはずです。

リックを分析してみよう

ジャズリック1

ジャズリック1譜面
リックは何十回、何百回と弾けば覚えることができますが、各音にどんな意味があるのかを理解していないとそのまま使うだけになってしまいます。

せっかく覚えたリックを自分の演奏に活かすためにも、分析してより深く理解することが大切です。

リックの分析はターゲットノートから

リックの分析は簡単です。

伝えたい音(ターゲットノート)を抜き出すだけ。

ターゲットノートは強拍の1、3拍目の音をさします。

ジャズリック1のターゲットノート
ジャズの王道リックターゲットノート譜面
ターゲットノート以外の音は、ターゲットノートを装飾する音=アプローチノートです。そしてアプローチノートにはさまざまな種類があります。リックはこのアプローチノートの使い方を覚えるためのものでもあります。

ジャズで使われるアプローチノートは数が多いので以下別ページで紹介しています。

ここからはアプローチノートの種類を知っている前提で用語が出てきますが、ひとまず「こういうアプローチノートがあるんだ」という感覚で読む進めてみてください。

ジャズリック1のアプローチノート
ジャズの王道リック分析例譜面

  • Dm7の5th=ドリアンスケール
  • G7の5th=チェンジングトーンとアンティシペーション
  • G7の3rd=ネイバートーンとエスケープトーン
  • CMa7の3rd=ミクソリディアンb9スケール

このようにリックは、ターゲットノートに対してアプローチノートを加えることで作られています。

リックのアレンジ

リックがターゲットノートとアプローチノートでできていることさえ分かれば、リックのアレンジも簡単です。例えばアンティシペーションを使わないリックにアレンジする場合は、クロマチックパッシングトーン(CPT)とネイバートーンを加えます(NT)。

アンティシペーションを使わないアレンジ

ジャズの王道リックアンティシペーションを使わないアレンジ例譜面

リックをコピーする本来の意味は、ターゲットノートの響きとアプローチノートの使い方を覚えるためです。つまりリックをコピーすることはジャズらしい音使いを覚えるための最高のイヤートレーニングなのです。

ターゲットノートからリックを作ってみよう

リックが分析できるようになったら作ってみましょう。作り方は簡単です。まずはターゲットノートを選び、そこにアプローチノートを加えていきます。ターゲットノートにはどんな音を使っても構いませんが、コードトーンと9thの5音から選ぶのが王道です。

ターゲットノート
リックを作るターゲットノート譜面
ターゲットノートが決まったら自由にアプローチノートを加えていきましょう。

アプローチノート
リックを作るターゲットノートにアプローチノートを加えた譜面
ここでは以下のアプローチノートを選んでいます。

  • Dm7の9th=Dmトライアド
  • G7の3rd=Dm7のアルペジオの転回型(R-5-b7)
  • G7のb7th=リディアンb7スケール
  • CMa7の5th=スケール音+チェンジングトーン

完成したリックにフィンガリングテクニックを加えて弾いてみましょう。

オリジナルのリック

オリジナルのリック

ターゲットノートにコードトーンを選ぶと安定した音になり、テンションを使うと洗練された音になります。V7コード上ではオルタードテンションを使うことで緊張感のある音にすることもできます。まずはコードトーンの響きを確実に覚えてからテンション、オルタードテンションを使ってみてください。

スポンサーリンク

5つのコード進行

ジャズスタンダードにはさまざまなコード進行が出てきますが、その中でもよく出てくるのが次の5つのコード進行です。このコード進行でのリックを分析することで、ターゲットノートとアプローチノートへの理解が深まり、他のコード進行でもリックが作れるようになります。

1小節ずつのメジャーII-V-I
メジャーII-V-I

1小節ずつのマイナーII-V-I
マイナーII-V-I

1小節のメジャーII-V-I
1小節のメジャーII-V-I

1小節のマイナーII-V-I
1小節のマイナーII-V-I

I-VI-II-V
I-VI-II-V

上記5つのコード進行でのリックをコピーすることからはじめてみてください。

複雑なコード進行でのリックの作り方

5つのコード進行以外のコード進行でリックを作ることは、ターゲットノートとアプローチノートの使い方が身についているかを調べるのにも役立ちます。ここではジョン・コルトレーンのCountdownを例にリックを作ってみましょう。どんなに複雑なコード進行でも作り方は変わりません。

ターゲットノート
カウントダウンのコード進行を使ったターゲットノート楽譜

テンションはF7の9thのみで、他はコードトーン。特にルートを多く使ってみました。ここにアプローチノートを加えていきます。

アプローチノート
カウントダウンのコード進行を使ったアプローチノート楽譜

  • F7の9th=チェンジングトーン
  • BbMa7のR=Fミクソリディアンスケール
  • Db7のR=チェンジングトーン
  • GbMa7のR=スケール音とチェンジングトーン
  • A7の3rd=スケールとクロマチックパッシングトーン
  • DMa7の3rd=Aミクソリディアンb9スケール
  • DMa7のR=Aトライアドの転回型(3-R-5)

完成したリックにフィンガリングテクニックを加えて弾いてみましょう。

完成したリック

カウントダウンのコード進行を使ったリック楽譜

どんなに複雑なコード進行でも、ターゲットノートの響きとアプローチノートの使い方さえ覚えてしまえばリックを作り出すことができます。

はじめのうちはターゲットノートとアプローチノートを別々に考えて作りますが、慣れてくるとどちらも瞬時に作り出せるようになります。そしてそれがアドリブになるのです。

リックを活用するための5ステップ

リックをアドリブに活用するには5つのステップがあります。

  1. リックをコピーして弾けるようになる(ギターの基礎テクニックの習得)
  2. コード進行に合わせて弾けるようになる(リズム感の習得)
  3. アドリブ中に自然に使えるようになる(ジャズらしい音使いの習得)
  4. リックをアレンジできるようになる(アドリブの基礎)
  5. リックを自分で作り出せるようになる(アドリブの完成)

リックは自分を表現する大切な言葉です。これは絶対弾けるようになりたい!と思えるリックに厳選して分析していくことが大切です。

そして自分だけのリックを今日から作ってみてください。自分にしか出せない音でのアドリブは、ジャズの楽しさをさらに増やしてくれるはずです!