音楽理論の第一歩!調号と曲の調の見分け方を覚えよう

調号ちょうごう音部記号おんぶきごうの右隣に書かれ、その曲の調(中心となるスケール)を決めている記号です。

つまり調号を覚えればその曲で使えるスケールが分かるようになります。

調号はシャープフラットを使い、それぞれに明るい響のメジャーと暗い響のマイナーがあります。

シャープを使った調号と調一覧

調号なしの楽譜
調号#1つの楽譜
調号#2つの楽譜
調号#3つの楽譜
調号#4つの楽譜
調号#5つの楽譜
調号#6つの楽譜
調号#7つの楽譜

フラットを使った調号と調一覧

調号なしの楽譜
調号♭1つの楽譜
調号♭2つの楽譜
調号♭3つの楽譜
調号♭4つの楽譜
調号♭5つの楽譜
調号♭6つの楽譜
調号♭7つの楽譜

調号の#と♭を書く位置は決まっているのでしっかり覚えておきましょう。

調号の順番とトライトーンの関係

シャープはF-C-G-D-A-E-B、フラットはその逆のB-E-A-D-G-C-Fの順番で増えていきます。この順番で増えていく理由はトライトーン(全音3つ分の音程)にあります。

スケールを決定づける音が4度と7度のトライトーン。

FとB楽譜

中心となるスケールを変えるには、このトライトーンを変える必要があります。

音を変えるには#か♭を使いますが、Fは♭させるとEになってしまうので#。Bは#させるとCになってしまうので♭させます。

Fを#させてF#、Bを♭させてB♭。これこそが調号のつく順番なのです。

それぞれどんな変化が起きるか見てみましょう。

Fを半音上げる

Fを半音上た楽譜

これを並び替えるとGメジャースケールになります。

Gから順に並び替えた楽譜

#1つでCメジャーからGメジャーに変わりました。同様にGメジャースケールのトライトーンを変えるため、Cを半音上てみましょう。

Cを半音上げた楽譜

これを並び替えるとDメジャースケールになります。

Dから順に並べた楽譜

#のつく順番はメジャースケールの4番目の音を半音上げていく順番になっています。

Bを半音下げる

Bを半音下げた楽譜

これを並び替えるとFメジャースケールになります。

Fから順に並べた楽譜

b1つでCからFメジャースケールに変わりました。同様にFメジャースケールのトライトーンを変えるためEにbをつけてみましょう。

Eを半音下げた楽譜

これを並び替えるとBbメジャースケールになります。

Bbから順に並べた楽譜

♭のつく順番はメジャースケールの7番目の音を半音下げていく順番になっています。

調号はコード進行の分析を時短できる

例えば、All The Things You Areのコード進行を分析するとき、調号を覚えていないと最初のコードの機能が瞬時に分かりません。

All The Things You Are最初の4小節

Fm7はIm7、IIm7、IIIm7、IVm7、VIm7の可能性があり、その全てを想定しながら読み進めることになります。

もしフラット4つの調号がAbメジャーかFマイナーと覚えていれば、Fm7の機能をIm7またはVIm7に絞って読み進めることができます。

調号はメロディーを分かりやすく書ける

ジャズのメロディは中心となるスケール以外の音も多く使われるため、調号があるとないとでは全く別の見え方になります。

調号なしのメロディ

調号なしの楽譜

調号ありのメロディ

調号ありの楽譜

どちらも臨時記号が多く出てくるため読みやすさはそこまで変わりませんが、調号があると各コードに対しての音の役割がわかりやすくなります。

調号なしだと最初の音はとくに意識しませんが、調号ありだと臨時記号が付いているため、「これはアプローチノートだな」とすぐ読み手に理解してもらうことができます。

シャープを使った調号の見分け方

調号が何もつかない場合、その曲の調はCメジャー・Aマイナーになります。

ト音記号楽譜

指板上でのCメジャー・Aマイナー

Cメジャーダイアグラム

シャープが付く順番はF-C-G-D-A-E-Bです。それぞれ見ていきましょう。

1つのめのシャープ(F)

#1つの楽譜

調号から調を導き出す方法は簡単です。

最後にシャープの付いた音が、メジャーキーなら7番目の音(7度)、マイナーキーなら2番目の音(2度)になっています。

Fにシャープが付いているので、F#

F#が7度なので半音上のGがメジャーキー。

F#からGのダイアグラム

マイナーキーの場合はF#が2度になるので、Eマイナーキーになります。

F#からEのダイアグラム

シャープの付いた音の半音上がメジャーキー全音下がマイナーキーと覚えるのがおすすめです。

指板上でのGメジャー・Eマイナー

Gメジャーのダイアグラム

2つめのシャープ(C)

#2つの楽譜

最後に付いたシャープがCなので、C#

半音上はD=Dメジャーキー

C#とDのダイアグラム

全音下はB=Bマイナーキー

C#とBのダイアグラム

指板上でのDメジャー・Bマイナー

Dメジャーのダイアグラム

3つめのシャープ(G)

#3つの楽譜

最後に付いたシャープがGなので、G#

半音上はA=Aメジャーキー

G#とAのダイアグラム

全音下はF#=F#マイナーキー

G#とF#のダイアグラム

指板上でのAメジャー・F#マイナー

Aメジャーダイアグラム

4つめのシャープ(D)

#4つの楽譜

最後に付いたシャープがDなので、D#

半音上はE=Eメジャーキー

D#とEのダイアグラム

全音下はC#=C#マイナーキー

D#とC#のダイアグラム

指板上でのEメジャー・C#マイナー

Eメジャーのダイアグラム

5つめのシャープ(A)

#5つの楽譜

最後に付いたシャープがAなので、A#

半音上はB=Bメジャーキー

A#とBのダイアグラム

全音下はG#=G#マイナーキー

A#とG#のダイアグラム

指板上でのBメジャー・G#マイナー

Bメジャーのダイアグラム

6つめのシャープ(E)

#6つの楽譜

最後に付いたシャープがEなので、E#

半音上はF#=F#メジャーキー

E#とF#のダイアグラム

全音下はD#=D#マイナーキー

E#とD#のダイアグラム

指板上でのF#メジャー・D#マイナー

F#メジャーのダイアグラム

7つめのシャープ(B)

#7つの楽譜

最後に付いたシャープがBなので、B#

半音上はC#=C#メジャーキー

B#とC#のダイアグラム

全音下はA#=A#マイナーキー

B#とA#のダイアグラム

指板上でのC#メジャー・A#マイナー

C#メジャーのダイアグラム

フラットを使った調号の見分け方

フラットが付く順番はB-E-A-D-G-C-Fです。それぞれ見ていきましょう。

1つのめのフラット(B)

♭1つの楽譜

最後にフラットの付いた音が、メジャーキーなら4番目の音(4度)、マイナーキーなら6番目の音(b6度)になっています。

Bにフラットが付いているので、Bb

Bbが4度になるのはFメジャーキー。

BbとFのダイアグラム

マイナーキーの場合はBbがb6度になるので、Dマイナーキーになります。

BbとDのダイアグラム

フラットの付いた音の4度下がメジャーキー3度上がマイナーキーと覚えるのがおすすめです。

指板上でのFメジャー・Dマイナー

Fメジャーのダイアグラム

2つめのフラット(E)

♭2つの楽譜

最後に付いたフラットがEなので、Eb

4度下はBb=Bbメジャーキー

EbとBbのダイアグラム

3度上はG=Gマイナーキー

EbとGのダイアグラム

指板上でのBbメジャー・Gマイナー

Bbメジャーのダイアグラム

3つめのフラット(A)

♭3つの楽譜

最後に付いたフラットがAなので、Ab

4度下はEb=Ebメジャーキー

AbとEbのダイアグラム

3度上はC=Cマイナーキー

AbとCのダイアグラム

指板上でのEbメジャー・Cマイナー

Ebメジャーのダイアグラム

4つめのフラット(D)

♭4つの楽譜

最後に付いたフラットがDなので、Db

4度下はAb=Abメジャーキー

DbとAbのダイアグラム

3度上はF=Fマイナーキー

DbとFのダイアグラム

指板上でのAbメジャー・Fマイナー

Abメジャーのダイアグラム

5つめのフラット(G)

♭5つの楽譜

最後に付いたフラットがGなので、Gb

4度下はDb=Dbメジャーキー

GbとDbのダイアグラム

3度上はBb=Bbマイナーキー

GbとBbのダイアグラム

指板上でのDbメジャー・Bbマイナー

Dbメジャーのダイアグラム

6つめのフラット(C)

♭6つの楽譜

最後に付いたフラットがCなので、Cb

4度下はGb=Gbメジャーキー

CbとGbのダイアグラム

3度上はEb=Ebマイナーキー

CbとEbのダイアグラム

指板上でのGbメジャー・Ebマイナー

Gbメジャーのダイアグラム

7つめのフラット(F)

♭7つの楽譜

最後に付いたフラットがFなので、Fb

4度下はCb=Cbメジャーキー

FbとCbのダイアグラム

3度上はAb=Abマイナーキー

FbとAbのダイアグラム

指板上でのCbメジャー・Abマイナー

Cbメジャーのダイアグラム

調号の見分け方まとめ

jazzguitarstyle.comがおすすめする調号の見分け方は以下の通りです。

(#)最後に付いたシャープの半音上がメジャーキー、全音下がマイナーキー

(♭)最後に付いたフラットの4度下がメジャーキー。3度上がマイナーキー

ギターの指板上をイメージしながら覚えてみてください。

この記事へのコメント